[PR]

 シーズンの幕開けを告げる、日本フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会。今回のプログラムには三つの音楽史が重なった(6日、東京・サントリーホール)。

 指揮の山田和樹は日本と仏語圏の双方で常任ポストに就く。2人の仏人作曲家の作品で邦人作曲家の2曲を挟みこむ構成に、両地域を股にかける山田の個人史がにじむ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも