[PR]

 ■憲法・メディア 曽我部真裕(京都大学教授) 時代遅れの公選法、見直す時

 7月の参院選は史上有数の低投票率に終わった。有権者の政治への関心が高まらない背景の一つには、選挙運動のルールが公職選挙法によってがんじがらめに縛られていることがある。元衆院議員の筆者は自身の経験も交え、選挙運動の規制がいか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも