[PR]

 約20年間自宅にひきこもる男性(40)が、約15年で計500編の詩を書き続けている。学校でも職場でも人間関係がうまくいかず、自宅からほぼ出られない。感じ続けてきた「ふつうになれ」という社会のプレッシャーに疑問を投げかけた詩に当事者らの共感が広がっている。

 ■「いっぱいきずついて…ないてきた」

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら