[PR]

 国内の原子力施設で初めて被曝(ひばく)による死者を出した茨城県東海村の核燃料加工会社「JCO(ジェーシーオー)」の臨界事故から30日で20年になる。事故時の作業員への医療体制の不備は東京電力福島第一原発事故でも問題になり、現場に医師らを送る仕組みづくりが電力会社に求められるようになったが、全国で再…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも