[PR]

 17年ぶりの海外対局となった今月10、11日の囲碁名人戦七番勝負第2局は、開催地の台湾・台北で関係者やファンから熱烈歓迎を受けた。台北出身の張栩名人(39)ら多くの名手を日本に送り出してきたが、今は現地発の世界チャンピオン誕生が悲願だ。習い事の定番となっている子どもの囲碁教室から、天才が現れるかも…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも