[PR]

 消費増税が実施されるなか、足元の景気指標を見ると、停滞感が強まっている。30日に公表された8月の鉱工業生産指数は予想より弱い結果となり、近く公表される8月分の景気動向指数で、基調判断が再び「悪化」に引き下げられる可能性が強まった。そうなれば、増税の直後だけに、景気認識や対応をめぐる議論が活発になり…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも