[PR]

 昭和4(1929)年の秋晴れのある日、斎藤茂吉ら4人の歌人が本社機コメットに乗り込んだ。題して「空中競詠」。飛行機で旅する人がまだ少ない時代、高名な文人がどんな感興を機上で抱くのか関心を呼んだ▼〈飛行機にはじめて乗れば空わたる太陽の眞理を少し解(かい)せり〉。茂吉、47歳にして初めての空の旅である…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも