[PR]

 煮炊きに使う土器も生まれていなかった数万年前、旧石器時代の人たちは何を、どうやって食べていたのか――。『南の島のよくカニ食う旧石器人』(岩波書店)は、それにある程度の答えを与えてくれる。

 著者は国立科学博物館研究主幹の藤田祐樹さん。舞台は沖縄県南城市にあるサキタリ洞という鍾乳洞だ。

 藤田さんは…

この記事は有料会員記事です。残り509文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り509文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り509文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも