[PR]

 コーヒーがどの国の農園で収穫された豆からでき、どこで焙煎(ばいせん)されたのか――そんな情報を伝える仕組みを、世界の商社などが協力して作ろうとしている。消費と生産の距離を縮め、安定した供給にもつなげたい考え。2020年にも実現させることを目指す。

 日本の輸入コーヒー豆の約3分の1を取り扱う伊藤忠…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも