[PR]

 〈三章 楼蘭 その二 廃墟(はいきょ)の七人〉。緑郎たちは、マリアの告白から、火の鳥の力で日本軍が歴史を改変、さらには自分たちが利用されているらしいと知り、黒幕の存在を疑う。「心当たりがある」という芳子は、上海の三田村要造の屋敷の地下で、「鳳凰(ほうおう)機関」と看板がかかる部屋をみつけて關東軍の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも