[PR]

 冤罪(えんざい)防止など被告に有利になると思われていた取り調べの録音・録画(可視化)の扱いが、裁判員裁判の課題になっている。東京地裁は映像の「印象」が裁判員の判断に影響する恐れがあるとして、殺人事件の公判で取り調べの音声だけを証拠に採用する異例の決定をした。3日、法廷で実際に音声が流された。裁判員…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも