[PR]

 国際オリンピック委員会(IOC)は3日、米反ドーピング機関(USADA)からドーピング違反で4年間の資格停止処分を受けた「ナイキ・オレゴン・プロジェクト」のヘッドコーチ、アルベルト・サラザール氏(61)について世界反ドーピング機関(WADA)に情報共有を求める意向を示した。

こんなニュースも