[PR]

 シベリア抑留者の遺骨として持ち帰った597人分の遺骨が日本人のものではない可能性がある問題で、加藤勝信厚生労働相は4日、可能性を把握しながら厚労省内で放置されていた経緯を検証する「調査チーム」と、現地での鑑定が適切だったかなどを確認する「専門技術チーム」を同日立ち上げたと表明した。

 二つのチーム…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも