JALとハワイアン航空、共同事業認めず 米当局「公益の根拠なし」

有料会員記事

[PR]

 日本航空と米ハワイアン航空が申請していた共同事業(JV)について、米当局は3日、認めないとする仮決定を発表した。両社は日本―ハワイ線で運賃や運航ダイヤを調整できるJVをするため、独占禁止法の適用対象から除外するよう求めたが、却下された。

 ハワイ線をめぐっては、全日本空輸が世界最大級のエアバスA3…

この記事は有料会員記事です。残り333文字有料会員になると続きをお読みいただけます。