(ひと)桂福点さん 駅ホームの転落事故防止を創作落語で訴える全盲の落語家

有料会員記事

[PR]

 駅の転落防止のホーム柵に触れると、流れる注意の音声が愛想ない。京都の芸妓(げいこ)さんのはんなりとした声に変えてみた。「いけずやわあ、うちに触ったら、やけどしはりますえ」。会場は大受けだ。

 創作落語「落ちない噺(はなし)」。目の不自由な鉄道好きの主人公が、駅長らとの掛け合いを通して転落防止策を考…

この記事は有料会員記事です。残り448文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら