[PR]

 ■観たままを言葉にした改革者 正岡子規「病牀(びょうしょう)六尺」

 二葉亭四迷が新しい日本語の文体を生み出し、それを使って国木田独歩が『武蔵野』を書き、随筆の新境地を開いたころ、もう一人、東京の片隅で、病に伏せながら、日本語の散文を大きく前進させた男がいた。

 正岡子規である。

 俳句、短歌の革…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも