[PR]

 ▼『驚異と怪異 想像界の生きものたち』(国立民族学博物館監修、山中由里子編、河出書房新社・2970円)は、大阪府吹田市の民博で11月26日まで開催中の特別展の解説書。世界各地の異形の生きものたちが次々登場する。「そして近代、夜の闇は消え去り、幽霊や妖怪変化は過去の存在になった…のだろうか」(本書か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも