[PR]

 ■「納得できる」までの長い道 三土明笑(みつちあけみ)さん(70)

 体が男性であることに5歳から違和感を持っていた。女性の体に近づける性別適合手術を受けたのは68歳のとき。そこに至る個人史を縦糸に、性的少数者をめぐる社会の問題を横糸に編んだのが本書だ。

 著者は元大学教授で、専門は経済学。数多く…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも