[PR]

 ■アイヌの人生軸に世界を見渡す

 小説である。

 舞台は樺太から始まり、東京へ、ロシア帝国へ、南極へ、フランスへと飛んでいく。時代は明治維新から第2次大戦後まで。主人公の一人はアイヌのヤヨマネクフで、その少年期から物語はしるされ、彼はのちに山辺安之助とも名乗る。

 樺太でのアイヌの生活はいかなるも…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも