[PR]

 急性白血病を患い闘病してきたサッカーJ2・アルビレックス新潟の早川史哉(ふみや)選手(25)が5日、新潟市であった鹿児島戦で3年半ぶりに公式戦に出場した。2016年に診断を受け、同年に手術で骨髄を移植した。右サイドバックとして先発し、「史哉」コールを受けながら、ゴールの起点となるパスを出したり、相…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも