(日曜に想う)大人の甘え、若者の怒り 編集委員・福島申二

有料記事

[PR]

 センセーショナリズム(扇情主義)が大手を振った19世紀末のアメリカ新聞界で、新聞王と呼ばれた名高い経営者ハーストは記者に訓示したそうだ。

 「1面を眺めた読者が『これはすごい』と言い、2面を見て『これは大変だ』と言い、3面を見て『助けてくれ』と言うような新聞を作りたまえ」

 大衆紙の極意というべき…

この記事は有料記事です。残り1496文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント