[PR]

 臨時国会で国民投票法改正案を成立させ、憲法論議を前進させる自民党の狙いは、本格論戦が始まった7日からいきなりつまずいた。「行司役」であるはずの自民出身の大島理森衆院議長が「今国会で合意を」と呼びかけ、反発を招いたからだ。いったん収まりはしたが、野党側は、自民の改憲戦略を揺さぶるカードを手にした格好…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら

こんなニュースも