[PR]

 経済協力開発機構(OECD)は、各国の教育に関するデータをまとめた2019年版「図表でみる教育」の結果を発表した。大学の理系の修士、博士課程卒業者で女子の占める割合は、日本はそれぞれ23%、21%で43カ国中最下位だった。

 ■「社会の潜在力失っている」指摘

 OECDが15~16歳に実施してい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも