[PR]

 10月、旧暦では神無月とも言う。私が古都奈良のお寺巡りの旅にはじめて出たのは、学生時代の夏休みであったが、そのあいだ中、私の心には薄田泣菫(すすきだきゅうきん)の長編詩「ああ、大和にしあらましかば、いま神無月、」が絶えず鳴り響いていた。「うは葉散り透く神無備(かみなび)の森の小路を、/あかつき露に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも