[PR]

 全国の大学などで改革やベトナム反戦を訴え、1968年から翌年にかけて頂点に達した全共闘(全学共闘会議)運動。学内外に広がった学生運動から50年がたち、当時を振り返る動きが目立つ。戦後社会運動の一コマを担った運動の高揚期は遠くなったが、当事者世代は歴史の記録や継承を試み、若い世代は新たな視点を探り始…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも