[PR]

 九十七歳の秋も、十月の風に吹かれ、連日透き通った空を仰いでいる。

 今年もあと二カ月しかないと思えばぞっとする。相変わらず、遺言も書けていないし、捨てる物も何一つ片づいていない。形見分けの処分も、思うばかりで、一向に用意されていない。ただ老衰の進行だけは確実に進んでいて、一番楽なのは、終日ベッドに…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも