[PR]

 戦争の現実は人の死だ。第2次世界大戦で焦土となり、今また紛争の現場となっているウクライナで、その現実を掘り起こし、名もなき兵士の尊厳を取り戻す遺体捜索が続いている。(イジューム=喜田尚)

 ウクライナ北東部、人口約5万の町イジュームから激しく傷んだ道を南西へ約50キロ。野原の所々に穴が掘られ、真…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも