[PR]

 〈四章 東京 その一 エレキテル太郎二号〉。突然現れたのは、三田村財閥総裁で緑郎の岳父でもある要造。火の鳥の隠し場所をマリアから聞き出そうとするが、逆に緑郎に自白剤を打たれる。語り出したのは、1890年、明治の東京での青年時代だった。

 

 夕顔さんは、目が大きく黒目がちで、ほっそりと柳腰の女性…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも