[PR]

 柳田国男が『海上の道』を書いたのが1961(昭和36)年、きびすを接するように歴史家の司馬遼太郎が南方古俗へのやみがたい好奇心にかられて、「黒潮の道」をたどろうとしていた。一連の『街道をゆく』という仕事である。はじまるのが1970年ごろ、「近江」から口火が切られている。執筆の動機といえば、やはり

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも