[PR]

 どんな病気があっても地域で暮らし続ける道はある、ということを教えてくださった方をご紹介します。

 神経性の難病「大脳皮質基底核変性症」だった岡本四郎さん(享年83)は、認知症の奥さま、独身の息子さんと一緒に、「ぐるんとびー」がある団地近くに住んでいました。

 岡本さんは失語症や認知症などの症状があ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも