[PR]

 野党・民主党が政権交代への流れを確かなものにしたのが、2007年の参院選での勝利だ。

 小泉内閣が推し進めた構造改革で格差が拡大したことへの不満や「消えた年金問題」が追い風となって、自民党に大勝。衆参で多数派が異なるねじれ国会となり、その後の第1次安倍政権の退陣につながった。

 参院の主導権を握っ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも