[PR]

 10日の東京株式市場で、リチウムイオン電池の開発でノーベル賞受賞が決まった吉野彰さんが名誉フェローを務める旭化成の株価が取引開始直後から上昇し、一時、前日の終値より3.9%値上がりした。受賞が好感され、買い注文が増えたとみられる。その後はやや値を下げ、終値は1.8%高だった。

 三井住友DSアセッ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも