[PR]

 米商務省が9日付で監視関連の中国企業8社への輸出規制を発動し、中国の人工知能(AI)業界が揺れている。制裁は新疆ウイグル自治区での人権弾圧が理由だが、対象にはAIを駆使する先端企業が並ぶ。「5G」に続く技術の覇権争いとの見方も出ている。

 制裁対象となった監視カメラ大手、杭州海康威視数字技術(ハイ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも