[PR]

 大地震で地滑りを起こす恐れがある大規模盛り土造成地について、危険箇所を把握するための「地盤調査計画」を2020年度までに作る予定がある自治体が半数にとどまることが10日、国土交通省の調査でわかった。国は06年度から策定を求めてきたが、技術系職員や財源の不足、地価下落の恐れから進んでいないとみられる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも