[PR]

 2018年秋。藤井聡太七段(17)が初めて番勝負に登場した第49期新人王戦の決勝三番勝負は関西勢同士の対局となった。舞台は大阪市福島区の関西将棋会館。タイトル戦と同じように高段棋士が立会人を務め、対局者におやつも提供された。

 対戦相手は、プロ棋士養成機関「奨励会(しょうれいかい)」の三段だった出…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも