(大志 藤井聡太のいる時代)激闘編:13 初めての番勝負で最年少優勝

有料記事

[PR]

 2018年秋。藤井聡太七段(17)が初めて番勝負に登場した第49期新人王戦の決勝三番勝負は関西勢同士の対局となった。舞台は大阪市福島区関西将棋会館。タイトル戦と同じように高段棋士が立会人を務め、対局者におやつも提供された。

 対戦相手は、プロ棋士養成機関「奨励会(しょうれいかい)」の三段だった出…

この記事は有料記事です。残り697文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載大志 藤井聡太のいる時代

この連載の一覧を見る