(声)被災地の惨状、専門家よ応えて

有料会員記事

[PR]

 映像制作 竹内幹(東京都 59)

 台風15号の被害に見舞われた千葉県鋸南町で、上陸5日後から日帰りボランティアとして何度か屋根にブルーシートをかけるお手伝いなどをしてきました。

 お年寄りが多い家々は、どこも足の踏み場もない「爆弾が落ちたような」状況でした。今月5日に同町を訪れた仲間の情報では…

この記事は有料会員記事です。残り217文字有料会員になると続きをお読みいただけます。