[PR]

 寓意(ぐうい)と哀愁、ユーモアがないまぜになった「顔」の描き手として知られるスタシス・エイドリゲヴィチウス(70)の表現の軌跡がたどれる約800点の大個展が、武蔵野美術大学美術館で開かれている。リトアニア出身で、ポーランドを代表する美術家による、完成度の高い作品群が味わえる。

 展示前半に登場す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも