[PR]

 「ひらかれた社会へ 多様性がはぐくむ持続可能な未来」をテーマに国際シンポジウム「朝日地球会議2019」(朝日新聞社主催)が14日から東京都内で始まった。深刻化する気候変動問題や、人工知能(AI)による技術革新と民主主義のあり方などについて幅広く議論し、国連の掲げる「SDGs(持続可能な開発目標)」への道筋を考える。16日まで。

 14日には東京都の小池百合子知事が「持続可能な環境先進都市・東京 2020のさらに先へ」のテーマで講演。「東京五輪・パラリンピックの暑さ対策やプラスチック対策の対応は、世界へのメッセージになっている。しっかりと取り組みたい」と述べた。

 15日には、米ジョンズ・ホプキンズ大准教授のヤシャ・モンクさん、国立情報学研究所社会共有知研究センター長・教授の新井紀子さんらによるパネル討論「AIと民主主義」などがある。

こんなニュースも