[PR]

 韓国銀行(中央銀行)は16日、金融通貨委員会を開き、政策金利を年1・5%から年1・25%に引き下げた。利下げは7月以来で、韓国では史上最低の水準となる。韓国経済は輸出が低迷するなか、日本政府による輸出規制強化などで先行きに不確実性が高まっている。韓銀は景気を下支えするため利下げに踏み切ったとみられ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも