[PR]

 本年ノーベル文学賞に決まったオーストリアの作家ペーター・ハントケは、日本ではあまり馴染(なじ)みがないが、現代ドイツ語圏文学を代表する重要な作家である。

 少し古い話になるが、ハントケがヴィム・ヴェンダース監督と組んで脚本を書いた映画「ベルリン・天使の詩」(一九八七年)は、日本でも広く知られた。一…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも