[PR]

 国立公文書館は、公文書の保存や管理などを専門的に担う「アーキビスト」の認証制度を創設する。専門性をもつ人材を育て、各行政機関への派遣も検討。来年度の運用開始をめざす。森友・加計(かけ)学園問題や防衛省による日報隠蔽(いんぺい)など公文書管理をめぐる問題が頻発する中、実効性が問われることになる。

 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも