[PR]

 台風19号の大雨で、東京電力福島第一原発事故の除染で出たごみを入れた袋が川に流れ、中身の草木など10袋分が流失していたことがわかった。福島県田村市が16日明らかにした。仮置き場と川の下流域の空間線量率は「問題ない値」で、川の水の放射能濃度は検出されなかったという。

 市によると、市内の山あいにある…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも