[PR]

 吉田修一さんの新作『アンジュと頭獅王』(小学館・1320円)は、森鴎外「山椒大夫」の原話になった中世の説経節をベースにした小説だ。現代語訳から一転、語り口はそのまま、ユーモアをたっぷり含みながら時間を跳び越える。

 本の最後に「協力 パークハイアット東京」とある。実は、東京・新宿にあるホテルの開業…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも