(多事奏論)小泉大臣とステーキ 牛肉から考える温暖化 稲垣康介

有料会員記事

[PR]

 最初に告白しておきます。

 9月、テニス取材でニューヨークに滞在したとき、私は記者仲間とステーキに舌鼓を打った。たとえ出張でも、地元のグルメを味わうのは、旅の楽しみの一つだ。

 だから、米国留学の経験がある小泉進次郎環境相がニューヨークに来て、「やっぱりステーキ食べたいですね」と思うのは、同感でき…

この記事は有料会員記事です。残り1418文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら