[PR]

 政府は18日、日米貿易協定が発効した場合の経済効果として、実質国内総生産(GDP)を約0・8%押し上げるとの試算を公表した。政府は協定の効果をアピールし、臨時国会での承認につなげたい考えだ。だが、試算には野党が実現を疑問視している自動車関税の撤廃が前提となるなど、不透明な点もある。

 GDPの押…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも