[PR]

 ■瓦礫のドイツ、憎しみから愛に

 舞台は第2次世界大戦直後のドイツ、瓦礫(がれき)の街と化したハンブルク。復興支援で送りこまれた英軍のモーガン大佐は博愛精神を発揮して、接収した豪邸の最上階に邸宅の主だったドイツ人の父娘を住まわせる。次男をつれて本国からやってきた大佐の妻レイチェルは、目の前で長男を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも