[PR]

 原子力規制委員会は18日、東京電力福島第一原発事故の未解明事項を調査する検討会を5年ぶりに再開した。原子炉格納容器の破裂を防ぐために放射性物質を含む水蒸気を排気する「ベント」の状況など、安全上重要で、現場に近づきやすいテーマから着手することを決めた。来年中をめどに報告書をまとめる。

 検討会には更…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも