[PR]

 大手電力10社でつくる電気事業連合会の会長に18日、中部電力社長の勝野哲(さとる)氏が就任した。金品受領問題で辞任した岩根茂樹氏(関西電力社長)の前任の会長で、わずか4カ月後の異例の「再登板」となる。業界のコンプライアンス(法令や社会規範の順守)を強化していく考えだが、失墜した原発事業の信頼回復へ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも