[PR]

 子供のころ筑豊地方の親戚宅を訪ね、ボタ山で遊んだ記憶がある。私の郷里の福岡県内には、当時、炭鉱で出た岩石のくず(ボタ)を積み上げたピラミッド形の山が残っていた。

 旧国鉄・筑豊線の線路わきで、煙を上げて走る蒸気機関車の迫力に息をのんだこともある。石炭が「黒いダイヤ」ともてはやされた戦後復興期の残り…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも