(大志 藤井聡太のいる時代)激闘編:14 「棋士」でいる間、母はそっと見守った

有料記事

[PR]

 窓外に広がる芝生が、冬の日差しに照らされて輝いていた。

 2018年12月4日。結婚式場として名高い明治記念館東京都港区)で、新人王戦を史上最年少で優勝した藤井聡太七段(17)の表彰式が行われた。

 式は毎年、囲碁の新人王の表彰も合同で行われる。えんじのネクタイを締めたスーツ姿の藤井に対し、囲碁…

この記事は有料記事です。残り662文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載大志 藤井聡太のいる時代

この連載の一覧を見る